60歳を超えてからも家族を養う方法とは?|定年退職後の働き方を考えよう

シェアする

とある事情や環境によって定年後も家族を養わなければならない状況に陥っている人も中にはいるのではないでしょうか。

今までの職場で仕事を継続していくことができるのであれば問題ありませんが、定年後も雇用が続くとは限りません。

場合によっては、シルバーワークや短期の警備アルバイトなどをして家族を養い続けなくてはなりませんね。

そこで今回は、60歳を超えた定年退職後でも家族を養っていくことは現実的に可能なのか、私なりの見解を述べていこうと思います。

まだ50代の方は、自分が将来60歳になった時の気持ちで読んでみてください。

60歳を超えてからでも養い続けることができるか?

定年退職後の収入は、定年前のおおよそ約60%の収入にまで減少すると言われています。

何故これほどの減額がされるのかというと会社のほとんどの手当てが無くなるからなんです。

「役職」「家族」「残業」といった今まで当たり前にもらえていた手当が殆どがなくなり、言ってみれば「基本給」と通勤手当だけになり、極端に給与収入が減額となります。

会社の恩恵が受けられないとなると厳しいですね。

会社で継続して働き続けるとなると今まで通りのように家族を養っていくには難しいと言えます。

定年退職後の主な収入源だけでは厳しくなる

退職後に期待する収入といえば『年金』と『退職金』になりますよね。

定年退職後の生活の基盤である年金と退職金については、早めに確認しておく必要があります。

年金の見込み額については、「年金定期便」や「ねんきんネット」で確認ができますが、退職金の金額については、お勤めの会社の総務部門に問合せてみる必要があります。

年金の平均受取額は男性で18万円女性で9万円です。

夫婦そろって受け取ることができる状態であれば平均で月額27万円受け取れることになります。

次に退職金ですが、こちらは高校卒・大学卒で大きく変わり、厚生労働省の調査によると管理・事務・技術職の平均金額は1,500~1,800万円、多くて2,000万円程になります。

2,000万もの大金があれば、大丈夫なのでは?と考えてしまうかもしれませんが、そこからいろいろな負債を引いていくといくらになるか。

車や持ち家のローン、子供の教育費、結婚費用の援助をする人もいるでしょうね。保険金、入院の備えなど、その他もろもろを差し引いていくと手元に残る退職金は残り僅かとなります。

80歳まで生きると仮定して、残りを月額に分配するとなると月額8万円程になります。

これら2つの収入を合わせてみると、定年退職後は月額35万円前後の収入源になるといったところでしょうか。

1月に35万円も懐に入ってくれば、贅沢な生活さえしなければ問題ないかと思います。

つまるところ、年金・退職金だけで家族を養い続けることは厳しいが可能の範囲といった見解になります。

しかし、急な病気で入院してしまうことを考えると老後の資産としては少し物足りない収入と言えるでしょうね。

定年後、安定して家族を養うには?

さて、それでは定年後に家族を安定して養うには一体どうすればいいのでしょうか?

先ほどまでの話は、日本の平均であるため誰しもが当てはまる事ではありません。なので、あまりあてにしないようにしてください。

60歳を超えてくるとなると肉体労働で安定して稼ぐことは難しいでしょうね。そのため、シルバーワークや雇用関係での働き方は除くことにします。

労働者として働く以外の選択肢として、3つあります。

①物件・株式投資を始める

②節約に勤しむ

③新しくビジネスを始める

まず、①については、資金が多くあれば可能です。しかし、投資は資金が減るデメリットがあるため、事前にしっかりと学ばなくてはなりません。

生半可な知識では資金が減っていく一方になってしまいかねないので、しっかり勉強してから投資でお金を増やしていくようにしましょう。

次に②になりますが、私の考えとしては節約はなしになります。

支出を減らすことは立派なことではありますが、ますます貧しい生活になってしまうでしょうね。そのため、私はおすすめはしません。

最後に③の『新しくビジネスを始める』。

ビジネスというと敷居が高いと感じる方が多くいるかと思いますが、それは思い違いです。ネット環境が発達した現代でなら、会社を経営するほどのビジネスではなく、個人でやり取りする程度の小規模なビジネスも可能になりました。

趣味を発展させた形からビジネスに繋がることもあります。

趣味であるギターのアドバイザーになる事でも収入を得ることはできる時代です。募集性を集めるにしてもネットで募集すればいいだけの事です。

何度も申し上げることになりますが、当ブログではネットビジネスを始めてみることをおすすめしています。年金には頼らずに新しくビジネスを始めてみることが安定した老後生活を支える柱になってきます。

年金に頼らない生活を目指す

場所、年齢に関係なく誰にでもお金を稼ぐチャンスがあるのがネットビジネスです。

ネットビジネスと言っても、アフェリエイトや情報ビジネス・クラウドソーシングなど、様々な方法があるので、まずは自分に向いているやり方を探してみることが第一歩となるでしょう。

私のおすすめとしては、開始資金が1,000円前後の少額から開始でき、自宅で年齢・性別関係なく簡単にできる『アフィリエイト』『ポイントサイト』になりますね。

これらは2つのビジネスは、失敗してもリスクは殆ど0で済むため、ビジネスとしての敷居が低く始めやすいのが特徴です。。

だんだん魅力的に見えてきませんでしょうか?何も学ばずに楽して稼ぐことは無理ですが、努力に見合った成果を出す事はできるようになっています。

「努力の方向性」「継続して続ける力」さえあれば、誰にでも可能な唯一無二のビジネスとも言えますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年齢を重ねるごとに今までの稼ぎ方では、無理が出て来ることは目に見えています。

主に体力面に支障が出てきてしまうため、土片系の仕事ではいずれ病院のお世話になってしまう日も近くなってしまうなんてことにもなりかねません。

方法としては、身体に無理のない仕事で80歳になっても継続していける仕事を見つけることがベストなのではないでしょうか。

私としては、それがネットビジネスだったという話です。

あなたにも、私のように現役さながらの稼ぎを得て、家族を養い続けて欲しいと心から思います。

シェアする


広告

 

スポンサーリンク