年金を早くもらいたい!?年金受給の繰り上げ・繰り下げってどうなの

シェアする

年金を定年退職後から欲しい人って、たくさんいますよね?!60歳からもらえる方法はあるんですか。

年金の受給開始年齢は、現行制度では原則65歳ですよね。

しかし、老齢基礎年金でも老齢厚生年金でも、希望すれば60歳~65歳になるまでの間、受取金額が減ってしまいます。

早く受けとりたのなら「繰り上げ受給」と、受給を遅らせて受取金額を増やす「繰り下げ受給」を月単位で選択できます。

年金の繰り上げ受給

あなたの場合、「繰り上げ」「繰り下げ」それとも65歳からの受給でしょうか。

あなたの定年後の、働き方やライフプランにより答えは様々なのではないでしょうか。

現在の厚生年金の平均受給額は月額約14万5,000円、国民年金は5万5,000円です。

一カ月繰り上げるごとに(0.5%×繰り上げ月数)ずつ年金が減額してしまいます。

仮に年金を60歳からもらいたい人であれば、最長繰り上げ期間が5年間となるので、減額率は30%です。

本来のもらえる年金額の70%の支給額に減額しますから月額では、約4万5,000円減額された支給となり将来にわたり一生支給額は減額したまま変わりません。

年金の繰り下げ受給

反対に受給開始年齢を繰り下げると(0.7%×繰り下げ月数)ずつ年金が増額します。

仮に70歳受給開始に繰り下げると65歳でもらえる年金額の142%で、月額で約9万2,000円に増額となります。

驚きなんですが、60歳開始と70歳開始では、年金支給額が約2倍の差が出る事なんです。

そして、支給の確定金額は一生変わることがありませんから十分に検討が必要です。

繰り下げは、66歳から可能です。

厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業の概要」(平成28年度)によると繰り上げ支給を受けている人の割合が「34%」で実に、年金支給者の3人に1人が繰り上げ支給を受けているんです。

尚、本来の年齢(65歳)で受給開始した人は64%で、これに対して、繰り下げ受給者は1.4%になっているようです。

人生100年時代と言われている今、元気いっぱいの60代の方が多いですから、長生きして働けるだけ働いて世の中に貢献しながら、できれば年金の繰り下げ受給をして1カ月に受け取れる年金額を増やしたい思いがあるのですが。

やはり、人生は何が起こるのかは予想不可能なので、人の常として万一の場合に備え受け取れるとき時にもらえる分はしっかりと受給しておきたい、先払い(繰り下げ)受給者の割合は低いですよね。

60歳で繰り上げ受給した場合ですと、5年間で272万7,550円の減額になります。

このブログを読んで頂いているあなたの立ち位置にもよりますが、今から頑張ればこの減額分を貯める(稼ぐ)方法も考えられますよね。

尚、厚生年金については、生年月日などにより繰り上げできる年金と繰り上げできない年金がありますから、検討する場合は、年金事務所の窓口に相談して確認してください。

まとめ

年金の繰り上げ受給、繰り下げ受給には、それぞれメリット、デメリットがあると思います。結局のところ何歳まで生きられるか未来はわからないので、現在の自分の立ち位置で、自分に合った支給の選択をしたいですね。

将来的には、年金支給開始年齢の先延ばしも懸念されていますが、どの様な環境の変化にも対応していくためには、年金収入だけに頼らない収入源を確保しておければ安心です。

当ブログでは、年金だけに頼らない収入源として、インターネットを利用した「ネットで稼ぐ」「ポイントサイトで稼ぐ」をおすすめします。

今の時代は、ネットを活用してポイントサイトで定期的に意外と簡単に収入を得る事ができるので「今がチャンス」です。

シェアする


広告

 

スポンサーリンク