定年退職後も仕事を続けるべき?|60代から考える高年齢者の働き方

シェアする

定年後も積極的に働く

f:id:mtoomy:20180603001429j:plain

あなたは、定年後もバリバリと働きたいと思う人でしょうか?

仕事好きであるなら定年退職をしたとしても同じ職場で、今まで馴染みのある仕事仲間と共に働き続けていきたいものですよね。

日本では、2000年の法改正で厚生年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられましたが、定年退職の65歳採用の企業はまだまだごく少数というのが現状です。

2025年までには、全企業で定年65歳の義務化が予定されていますが、定年の年齢延長が先か、年金支給年齢の繰り上げが先か、私たち退職者にとってはとても興味深い話になります。

正直なところ、ほとんどの定年退職者達は、「仕事は若い人に任せてこれからの老後はリタイヤしたい」「毎日が休日のような夢の生活を送りたい」と思っている人が多いのではないでしょうか?

不本意ながら私も、もう十分に働いたと心の底から感じているので、ゆったりとした老後生活を送りたいと思っています。

しかし、収入が無いと日々の生活が成り立たないのが現実であり、世の中の常識というものでしょう。

世の中の為、身体の健康維持のためにも働ける内は、バリバリ働いて世の中に貢献したいものです。雇用先では、できるだけ長く勤めてもらいたいという願いがあるようですが、病気のリスクが高い高齢者を雇用したがらない傾向があることを理解しておく必要があります。

定年後は、継続雇用や再雇用で給与が大幅にダウン?!

f:id:mtoomy:20180603001448j:plain

2013年度よりほとんどの会社では、希望者全員の定年退職後の継続雇用や再雇用措置が法律的に義務付けされました。

しかし、現役時代の労働条件及び、給与条件等は大きく変化します。

正社員として継続雇用されたとしても、諸手当及び賞与等が実質カットされてしまうので、定年時の7~6割程度に減額されます。

特に、再雇用(再就職)として非正規で働くと給与条件では、現役時代の5~6割程度に減額してしまうほどです。

「給与のダウン」があったとしても、継続社員としてあるいは、再就職して定年後も80%程度の人は働きつづけているようですが、減額した給料に納得して働いている人は少ないでしょう。

大勢の方が、高齢となり定年後も現場で働き続けるためには、「身体的な健康と十分な体力」「働く意欲」「精神的な健康とメンタルの強さ」など、「体力、モチベーションの維持、気力」が必要になります。

私はこのような働き方では、いつか限界が来ると感じたため、今では在宅ワークをメインに収入を得るように方向性を変えました。

在宅ワークについてよく分かっていない人のためにも、ここで少し解説していきたいと思います。

在宅で収入を得るネットビジネスって?

f:id:mtoomy:20180603001820j:plain

「在宅で収入を得る」と言えば、”内職”を想像する人も多いのではないでしょうか。

縫製、チラシやサンプルの封入、ラベル貼り、袋詰め、電子部品のネジ留めなど、様々な種類がありますが、報酬はどれもわずかなものです。

こういった作業は時給制ではなく、作業をこなした数と報酬単価の出来高払い(歩合給)が一般的です。簡単な作業ですと、単価1円に満たない金額から、作業時間がかかる作業内容の内職程、高額の単価になります。

内職は「たくさんお金を稼ぎたい」という人よりも「スキマ時間にすこしでも稼げれば良い」「黙々と作業するのが得意」と言う人に向いた仕事ですかね。

本格的にお金を稼ぎたいのであれば、内職ではなく『在宅ワーク』がおすすめになります。

最近の在宅ワークと言えば、パソコンを使った仕事がほとんどで、ネット環境とパソコンさえそろっていれば、いつでもどこでも作業することができる優れた働き方です。

例えば、

  • ホームページ作成やデータ入力
  • テープ起こし
  • ライティング
  • 翻訳
  • 厚生
  • 添削
  • アンケート入力

このような仕事が、インターネットを通じて作業ができるため、自宅にいながらも一従業員として社会に貢献しながら働くことができます。

ネットを活用して仕事をするので、家事育児をしながら、また病気で寝たきりの生活でもお金を稼ぐことができるいい時代になったと思います。

かく言う私も、在宅ワークで稼いでいるうちの一人ですからね。他の記事内でも紹介しているブログ運営とポイントサイトの活用でちまちまと収入を得ている状況です。

60代になった現在でも、現役バリバリで働くことを考えていましたが、年齢のことを考えると昔のように身体が動かなくなるし、怪我や病気が多くなるのではないか…といった不安がありました。

家族の事を考えると無理な働き方はできないと常々感じてはいます。

そのため、私の中では、家族に心配させずに70代になっても働くことを第一に考え、『怪我なく長期的に続けられる働き方』をモットーに試行錯誤した結果、ネットビジネスにたどり着いた次第です。

私のように同じ悩みを抱えるような方が、もしこのブログを読んでくれているようであれば、今一度考えてみてください。あなたの働き方は、あと何年続けることができるのか…。

私が思うにネットビジネスによる働き方は、年代問わずに誰でもできる高齢者向けの働き方になります。このブログを通して、新しい考え方に変えてみてはいかがでしょうか。

 高齢者向けの働き方=ネットビジネス

f:id:mtoomy:20180603002326j:plain

私が実践しているブログ運営では、ブログに広告を貼ってアフェリエイト収入を稼いだり、ポイントサイトの紹介報酬で収入を得ています。

ネットビジネスが私に向いている働き方だと思う点は大きく分けて4つです。

  • 自宅で働けて、家族との時間を大切できる
  • 年代関係なく誰でもできる
  • 怪我・病気の心配がいらない
  • 一度、安定すれば不労所得になりえる

これらのメリットがあるため、定年退職した今でも安定的に収入源を確保することができます。ブログ運営には毎日続ける努力と収入を得るための勉強が必要ですが、何事も挑戦が大事です。

無理のない範囲でいいので、まずはブログを始めてみることからやってみましょう。

ブログで収入が得られるということは、ブログを書いているだけで定期的にお金を稼ぐことになり、老後生活でも日記を書く感覚で収入を得ることができます。

ブログ運営で参考になった本を紹介しておきますので、興味があれば購入してみてくださいね。

まとめ

在宅ワーク、ブログ運営で収入を得るためには焦り過ぎないことが肝心です。いきなり「ブログで月収100万円稼ぐぞ!」と意気込んだとしても目標が高すぎて挫折してしまいます。

目標額は、ほどほどにしないと長続きしません。

家庭生活や健康、趣味活動などにしわ寄せが来ないほどほどで、あまり追い求めない気持ちが大事なんです。

いい目標額の設定額としては「生活費の赤字の半分」「自分のお小遣い」を在宅ワークで補填出来る程度がちょうど良いかもしれません。

在宅ワークをする事で、これまで過ごしていたあなたの趣味の時間、夫婦の会話の時間、お友達との会話の時間が、より充実した時間と感じられる様になると人生の潤いが生まれますよ。

シェアする


広告

 

スポンサーリンク