あなたの老後生活で訪れる4つの不安|不安の原因と解決策を伝授

シェアする

現在の日本は、人生100年時代と言われるほどの超高齢化社会です。

日本に住む大半の人々が40歳以上であり、子供を持たない世帯または、独身で過ごす方で溢れ返っています。

厚生労働省が平成28年2月に実施した「高齢社会に関する意識調査」では、40歳以上の男女3000人に高齢期の一人暮らしに関する意識調査をしました。

すると、高齢期の一人暮らしについて「大いに不安」と回答した方が39%、「やや不安」が41.8%と8割以上の方が老後の生活に不安を感じていると発表されました。

このように、老後に対して不安を持つ人たちが8割以上いる中、何が不安の元となるのでしょうか。私が考える老後生活の不安4つをご紹介していきたいと思います。

不安の元となるのは4つ要素が原因

f:id:mtoomy:20180519200121j:plain

①病気や怪我の不安

病気やケガへの不安は、健康に自信のある方でも不安に思う要素ですよね。

誰もが、未来永劫健康で居続ける事は無く、病気や交通事故でケガをしたりする可能性があります。

ましてや、老後を迎える年代になってくると、自分の思うように身体が動いてくれないので、十分に気を付けているつもりでも、ケガをしたり突然の病気発症の危険を抱えています。

万が一の際に残された家族の生活への不安もあり、入院するような大きなケガや病気に対して、不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

②住宅・その他ローンの不安

定年退職後の住宅ローン返済のある方は、定年後の収入減を考えると結構厳しいものです。

バブルが弾けた後、右肩上がりの給与支給がなくなり、給与の減った多くのサラリーマンが、住宅ローンの借り換え等で、定年までに完済できないまま定年を迎える方が多くいる様です。

安心して、老後の生活を送るためにも、しっかりとした返済計画を現役時代に立てて置きたいものですよね。

定期的に支払い続ける必要があるローンは、本人へのプレッシャーにもなり、老後生活を妨げる不安要素のうちの一つと言えます。

③職場で働けなくなる不安

定年退職後の働き方として、60歳以降の継続社員として95.3%の企業が再雇用制度をとりいれているそうです。また、3.5%の一部大企業では定年年齢の引き上げを行っているようですが、それも現状では、ごく少数の企業のみです。

年金支給年齢まで継続社員として改めて、雇用契約で働ける仕組みになっていますが、日本全体に浸透するようになるには、まだまだ先の事になりそうです。

そう考えると現段階では、定年後の再就職、現場復帰は非常に難しいものになります。いい役職に就いていた60歳の頑固オヤジを新しく組織に入れたいと思うでしょうか?

もし、私が社長ならば、入れたくはないですね。若手の新入社員を新しく入社させて、教育しながら働かせた方がまだマシです。

60歳の人材を組織に引き入れること自体メリットが少ないので、どこの企業も雇用したいとは思いません。良くて派遣、もしくはアルバイトが妥当になるでしょう。

このように職場で働き続けることができない不安、再就職できなくなる不安が50代後半になると出てくるようになります。

④年金生活の不安

老後夫婦の最低予想生活費は、月に27万円かかると言われていることをご存知でしょうか?

食費、生活費、娯楽費など、いろいろ必要となる費用を計算すると25~30万程かかるそうです。一人当たりの生活費は、13万~15万といったところでしょうか。

年金で貰える国民年金の満額は、一般的なサラリーマンで月6万5000円程。厚生年金は人によって変動しますが、平均的には月10万前後貰えるようです。

両方を合わせると16万~17万になりますが、これは一般的な例であり、全額納金してきた人の受取金額になります。

滞納や免除期間があった人は、この金額からさらに引かれることとなり、アルバイトならば厚生年金の受取金額はもっと減ってしまいます。

そうなると、年金だけの生活では今までの生活基準が保てなくなり、いずれ限界が訪れてしまいます。

健康維持、生活維持のためにも、年金生活だけでは不安に思う人も多いのです。

4つの解決策に共通する点は「お金」

さて、お気づきの方もいること思いますが、これらの不安は全て『お金』に関わっている不安要素になります。

健康の不安

健康を維持するお金、入院に備えた貯蓄が必要

ローンの不安

定期的に支払うお金、予算が必要

働けなくなる不安

現場で働かなくてもいい貯蓄、定期的に稼げる収入源の確保

年金生活の不安

年金以外の収入源、老後を豊かにするお金の取得

これらの共通点に気付ければ、定期的な収入源が老後の全ての不安を拭い去ってくれるということを理解できるかと思います。

 定期的な収入源を確保することで不安を解消

f:id:mtoomy:20180519200155j:plain

定年退職して公的年金の受給が始まると世帯の半分以上が、年金以外の収入が無い状態で生活を送らなくてはなりませんよね。しかし、年金だけでは、不安のない豊かな老後生活を送ることはできません。

公的年金以外で収入を得る方法があれば、経済的にも、心に余裕ができて助かるのではないでしょうか。

今は、インターネットで、パソコン・スマホ利用で収入を得る事ができる時代ですので、いくらでも稼ぐことができます。このブログでも紹介しているポイントサイトはネット初心者にもおすすめですね。

分かりやすく、始めやすいといった点では、一番簡単な収入源と言えるでしょう。

私も何年間かポイントサイトを利用してきましたが、効率的かつリターンが大きい収入源だと感じています。ブログで収入に至るまでやり方を紹介しているので、私の方法を参考にしてみてください。

一昔前までなら、今頃これらの不安に怯える毎日を過ごしていたことでしょう。

ですが、今ではネットを活用して定期的に収入を得ることができているので、老後も安心して暮らしていけそうです。

この記事を読んでいるあなたも、老後の不安を解消する収入源を確保してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

老後の不安は誰にでも押し寄せてくるものです。あなたが今回の記事を見て危機感・不安感を感じたのならば、老後に備えて行動に移す必要があるということになります。

お金の不安を解消するには定期的な収入源を作ることでしか解決できないので、今から収入源を作るようにしていきましょう。

シェアする


広告

 

スポンサーリンク